ボトックス効果でコンプレックスを解消【クリニックを選ぶポイント】

  1. ホーム
  2. ボツリヌス菌で治せる症状

ボツリヌス菌で治せる症状

水着の人

美容目的や病気の治療

ボツリヌス菌を使用するボトックス注射は、厚生労働省も認可している安全な治療です。ボトックス注射には、美容目的に使用するケースと病気の治療目的に使用するケースの二つがあります。美容外科クリニックでは、美容目的にボトックス注射をしています。いつまでも肌を美しく保ちたいと考えている一部の女性は、美容のためにボトックス注射を定期的に打っています。目尻や顎のシワにボツリヌス菌を注射してボトックス効果が効くと、シワの予防ができます。ふくらはぎの足痩せや顔のエラ筋縮小にも効果的です。また、真皮層にボツリヌス菌を打つと、肌のキメが整い、毛穴が小さくなる美肌効果もあります。なお、美容目的のボトックス注射は自費診療です。治療範囲にもよりますが、1万円〜5万円の治療費がかかります。病気の治療にもボトックス注射が使われています。脳卒中によるマヒなどの後遺症や首や肩のつっぱりやマヒ、多汗症などにボトックス効果があります。ボツリヌス菌には筋肉の緊張を和らげる効果があるため、痙縮の改善に最適です。病気の治療のためにボトックス注射をするであれば、健康保険が適用されます。美容外科ではなく、一般皮膚科や神経外科、リハビリ科などで治療を受けることが出来ます。美容のために密かにボトックス注射をしている人は意外と沢山います。そしてそのほとんどが、ボトックスによる恩恵を受けています。ただ、ボトックス効果を最大限に高めるためには、自分自身でも丁寧にアフターケアをすることが大切です。ボツリヌス菌を筋肉や真皮層に投与した直後は、まだ成分が安定していない状態です。そのため患部を強く押したり刺激を与えたりすると、成分が拡散されてしまってボトックス効果が半減します。ボトックス注射を打った日は、患部に刺激を与えないように注意深く過ごす必要があります。また、刺激を与えなくても横になって寝るとボトックスが重力で下に流れてしまうことがあるようです。そのため、注射をしてから4時間程度は横にならないことも大切です。ボトックス注射をしたのにたるみがひどくなったという声も聞きます。眉間にボトックス注射をすると眉間の筋肉が柔らかくなり、眉が動かしにくくなったり、まぶたがたるんだりすることがまれにあるようです。しかし、技術のある医師に治療を担当してもらえば、そういうリスクは避けられます。それにもしも気になる症状が出たとしてもボトックス効果が続くのは3ヵ月程度なので、時間が経過すれば元の状態に戻ります。